ブロードバンド物件はお得かどうかハッキリ分かれる!?

ブロードバンド物件はお得かどうかハッキリ分かれる!?

ケーブルテレビが入っていたら家賃値引き交渉をしよう

ブロードバンド物件として追加料金無しで特定のプランを利用出来る場合、どの回線を利用しているか必ず確認しておく必要があります。とりわけケーブルテレビ回線が入っている場合には、家賃に上乗せされている可能性が高いので、ケーブルテレビ回線は上りが遅すぎて使い物にならないから使わない分家賃を減額するように交渉してみると良いでしょう。オーナーの中には上り回線が遅い事実を伏せられて契約しているケースもあるからです。双方向通信が普及している状況では、wifi環境構築のために上り下りとも20Mbps程度の実測値が得られれば快適に感じます。

光回線が入っていたらテレビ環境を確認

光配線方式のブロードバンド回線が標準装備の部屋の場合、追加料金無しで利用出来るならお得と言えるでしょう。テレビ環境については別途環境確認が必要となりますが、ブロードバンドは快適に利用出来ます。テレビアンテナが建物にしっかりと付いていれば、災害時にもテレビから情報を得やすいので安心です。回線網経由で視聴するテレビの場合には、通信経路の1箇所でも停電区間があると自宅の電気が復旧しても、テレビが映らない状況が生まれます。計画停電が行われた時に、通信回線経由のテレビが弱いことが露呈したので、アンテナ設置されている物件ならば安心です。

他の光回線を導入出来ないか確認したい

指定のブロードバンド回線が標準装備として入っている場合、他の光回線が導入出来ない物件が存在します。排他的な回線契約条件が付される場合には、契約書に盛り込んでおくべきですが、問題になることが多いのブロードバンド回線導入済み物件の場合には、他社光回線導入許可を契約書に盛り込んでおくと良いでしょう。一度契約書上に入れてしまえば、安心して複数の光回線から自分に適したインターネット回線を自由に選択して導入出来るので安心です。

北海道でも住みやすいといわれる札幌にはたくさんの賃貸物件があります。札幌の賃貸は種類が豊富で家賃も手ごろだと評判です。