マンション経営で収入を獲得!経営するなら中古?

マンション経営で収入を獲得!経営するなら中古?

マンション選びが大切な経営

マンション経営をするときにはどのマンションを選ぶかが重要な点になります。新築か中古かと悩む人は多いでしょう。新築のほうが高額になりますが、長く利用しやすくて新しさによる魅力もあるので入居者を獲得しやすいのが特徴です。一方、中古の場合には築年数が古くなるほど安くなる傾向があり、途中で修繕が必要になる可能性こそ高いものの、費用を抑えてマンション経営を始められるのがメリットになります。どちらを選ぶかは経営戦略次第でしょう。

中古マンションの節税でのメリット

中古マンションのメリットにもう少し深入りをしてみると節税によって結果的に収入を上げやすいことがわかります。中古マンションでは設備が古いことから減価償却費が大きくできる場合がよくあるのです。短期間で効果的に減価償却をしてしまい、その間に所得を減らして節税を実現するという戦略が立てられるでしょう。今、本業による収入が高いという人の場合には中古マンションを選んで経営した方が効果的に所得税を節税できるのです。

改修して利用する中古マンション

中古マンションを活用する方法として改修を行う方法も念頭に置いておきましょう。リノベーション物件は近年人気があるマンションであり、新築同様の姿をしていて新築よりは安い家賃で住めるという点が着目されています。中古マンションはもともと立地が良い場所に建っているものが多いため、その点に着目してリノベーションをしてから経営を始めると満員御礼の状況を生み出しやすいのです。収入を効果的に上げるための方法として注目しておきましょう。

マンション経営は、初期投資に多額の費用がかかることが多いですが、上手にリスク管理ができれば、リターンが大きくメリットも大きいものとなっています。